脱毛に適した季節

「脱毛はどの季節に始めるのがいいの?」、「脱毛に適した季節はあるの?」。
脱毛と季節の関係は多くの方が気になるところだと思います。紫外線の量や脱毛が完了するまでの期間など、何を重視するかによって変わってきますが、今回は少し違った視線で脱毛に適した季節を考えてみましょう。

 

カミソリ、脱毛ワックスから光脱毛まで、現在はいろいろな脱毛方法を選択することができますが、いずれの方法も何らかの形で皮膚にはダメージが残ります。

 

カミソリは、毛をカットするときに刃が角質を削り取ってしましますし、強い力で毛を抜く脱毛ワックスは、毛根や毛根とつながっている毛乳頭が引っ張られてうっ血したり、一時的に変形を起こすこともあります。光脱毛は肌に優しいといわれますが、ムダ毛全体を熱して脱毛させるため、毛を覆っている毛包や毛乳頭がどうしても軽い火傷を負います。

 

脱毛のあとはアフターケアが大切といわれるのは、このように皮膚がダメージを受けるためなんですね。

 

 

ところで、一旦脱毛から離れて、傷が治りやすい季節って、いつだと思いますか?
答えは夏です。
傷が早く修復されるためには細胞分裂が盛んに行われることが必須です。また、傷が殺菌に感染すると治りが遅くなってしまいますから、免疫力が働いてくれることも大切です。

 

脱毛に適した季節、夏

 

こうした働きを支えているのは血流と体温です。細胞や組織の材料はすべて血液をとおして供給されますし、免疫力が上がるのは体温が36.5℃以上のときといわれています。

 

これらのことから、「ダメージの回復」というポイントを重視した場合には、脱毛に適した季節は「夏」、ということになりそうですね。地方にもよりますが、冬は体が冷えて血流もよくないので、回復は遅くなります。皮膚は体の一番外側で、特に冷えやすいですしね。

 

脱毛のあと肌が荒れやすい、肌の調子がよくないという方は、脱毛のときにできたダメージの回復に時間がかかっている可能性があります。暖かい季節に集中して処理をしたり、冷却、保湿などの基本的なケアをしたあとは患部を冷やさないようにするなど、皮膚の体温や血流に気を配ってみてください。