特定の食品を摂ることで、体毛を薄くすることは可能

肌につけていると徐々に毛が薄くなる、抑毛ローションという製品がありますが、抑毛効果を持ったサプリメントはないのでしょうか? サロンのようにツルツルにならなくてもいいので、毎日飲んでいるだけでムダ毛が目立ちづらくなったら、正直、楽ですよね。

 

「抑毛」をうたったサプリメントは販売されていないようですが、でも特定の食品を摂ることで、体毛を薄くすることは可能といわれています。
体毛の濃さ・薄さを決定しているのは、男性ホルモンと女性ホルモンで、このうち女性ホルモンのエストロゲンが体内で優位になると、毛が細く柔らかく成長するのです。

 

体毛を薄くする効果のある大豆製品

 

大豆製品 代表的な食品といえば、まず大豆製品があげられます。フラボノイドの一種である大豆イソフラボンは、体内でエストロゲンとよく似た作用を持つのです。エストロゲンの分泌低下から高齢女性に発症しやすい骨粗しょう症の予防にはイソフラボンが有効とされていますし、何より冒頭の抑毛ローションの主成分は、多くはこのイソフラボンです。

 

大豆を摂る際は発酵食品またはお豆腐がおすすめです。大豆にはフィチン酸が非常に多く、これはビタミンやミネラルの吸収を阻害する性質があるのです。煮豆や豆乳などはフィチン酸過多になってしまい、ビタミン・ミネラル不足になるリスクがあります。
発酵させたり、にがりを加えることでフィチン酸はかなり減少しますので、こうした食品を中心に摂ってください。

ザクロ・グレープフルーツ

他には、果物のザクロとグレープフルーツもエストロゲン増加に効果的です。ザクロにはエストロゲンの成分である「エストラジオール」と「エストロン」が豊富に含まれています。これは種子の方に多く含まれているため、種子ごと絞ったジュースを選ぶとよいです。

 

またグレープフルーツは、エストロゲンの分解を抑制する効果があります。ホルモンは体内で生成と分解を常に繰り返していますが、分解される量を減らしてホルモンの濃度を高め、働きやすくするのです。

 

ただし、エストロゲンは肝臓を刺激して血液凝固因子(血小板など)を活性化させる性質もあるため、エストロゲン濃度が高い状態が長く続くと血栓のリスクが生じてきます。かなり大量のグレープフルーツを食べるのでもなければ大丈夫ですが、覚えておくとよいでしょう。

体毛が多い人に、ムダ毛を薄くする効果のある食品や成分について記事一覧

「脱毛はどの季節に始めるのがいいの?」、「脱毛に適した季節はあるの?」。脱毛と季節の関係は多くの方が気になるところだと思います。紫外線の量や脱毛が完了するまでの期間など、何を重視するかによって変わってきますが、今回は少し違った視線で脱毛に適した季節を考えてみましょう。カミソリ、脱毛ワックスから光脱毛まで、現在はいろいろな脱毛方法を選択することができますが、いずれの方法も何らかの形で皮膚にはダメージ...